MENU

学校や職場で男性に親しみやすさを印象付ける三つの方法

学校や職場では、誰しも勉強やサークル活動、仕事などに打ち込むものです。
そこで一生懸命活動すると、「レベルやスキルの高い人」という位置づけをされるものです。
それは嬉しいことですが、あまりにも完璧すぎるのはちょっとしたマイナス要素になります。
その場の成り行きによっては、男性たちから「近づきがたい存在」と思われてしまうこともあるのです。
この記事では、チャーミングな隙を見せ、男性に親しみやすさを印象付ける方法をまとめました。

 

その1・会話の中で自分の知識をひけらかさない

男性は、「女性より上の存在でありたい」「女性に認められ、尊敬されたい」と考える傾向があります。
ですから、その気持ちを尊重して振る舞うことが大切です。
たとえば、ある男性とその日のニュースや話題の人物について話しているとします。

 

その時、一方的に自分の知識をひけらかすのは良くありません。
男性は自分が言い負かされ、立場が下になったと感じてしまいます。
それが劣等感を刺激し、あなたへの陰口や悪評にならないとも限りません。

 

もし男性が自分の得意な分野の話をしていたら、ほど良く相槌を打って話をしっかり聞いてあげましょう。
仮にあなたの方がその話題に詳しかったとしても、あれこれと横槍を入れるのはNGです。
むしろ、「へえ、そうなんだ」「いろんなこと、良く知ってるね」などと合いの手を入れ、気分良く話をしてもらいましょう。

 

その2・笑える失敗談を披露する

失敗談は自分でもすぐに忘れたいものですし、誰かに話すのも抵抗を感じます。
しかし、「できる女性」が少しおっちょこちょいだというギャップは、男性にとって新鮮に映ります。
それが親しみやすさを感じさせ、男性との距離を縮めるきっかけになるかも知れません。

 

「昨日、煮込み料理をしながら本を読んでたら、鍋を焦がしてしまった」
「休日なのに普段通り目覚まし時計をセットしてしまい、飛び起きて会社へ行こうとした」
こんな明るい失敗談を披露すると、男性は「意外と可愛い人なんだな」と感じるものです。

 

自分のイメージをうまく変えて、キュートな部分を印象つけられることでしょう。

 

その3・ほど良いメイクを心がける

女性にとって、美しさを強調するメイクは必要不可欠なものです。
ただ、厚塗りで完璧すぎるメイクには一長一短があります。
美しさをキープできる反面、「隙がない」「派手だ」という印象を与えがちだからです。
そこでおすすめなのがナチュラルメイクです。

 

メイクの下地作りに重点を置き、ファンデーションなどであっさり目に仕上げるのがポイントです。
また、リップのカラーとしてはベージュや薄いピンク、オレンジ系などが適しています。
さらに、濃く派手なアイメイクは目立ち過ぎ、男性から敬遠される原因となります。
あくまでも肌にマッチする自然な色合いにし、魅力アップにつなげましょう。

 

おわりに

聡明でいろいろなことをそつなくこなしながらも、可愛さを失わない女性は男性に人気があります。
上記のポイントを日常のアクセントとして取り入れれば、あなたのイメージはさらにアップするはずです。
女性らしい魅力を十分に発揮し、男性に対してさりげなくアピールしてみてはいかがでしょうか。