MENU

デートしたくない相手からの誘いを波風絶てずにかわす方法とは

同じサークルや社内の同じ部署の人など、本音ではあまり好きじゃない相手や、人としてはいいんだけど男としては見れない人から食事やデート
に誘われた場合、変な断り方をした場合、この先色々と不都合がありそうだなと悩んでしまうことがあります。

 

誘われた時、ばっさりと断ってしまうと相手のプライドを傷つけたり、変に粘着されてしまうこともありますので、相手の心をなるべく傷つけない
断り方を知っておき、いざという時に備えておきましょう♪

 

 

●デートしたくない相手からの誘いを波風絶てずにかわす方法とは

・「ごめんなさい、他の人と会う予定があるので」

断り方の常套句ですが、ダメもとで誘ってきた相手には結構効果のある方法です。

 

誘ってきた相手が「明日時間ある?」と聞いてきた時、間髪入れずに「その日は友人と出かけるので」と理由をきちんと言われてしまうと引き下がらず
を得ません。

 

・「へ〜楽しそう♪いつか連れて行って下さいね」

下心や恋心がある場合には、何か相手と一緒に行動したいのd、興味をそそりそうな場所の話を引き合いに出しつつ「そういえばこの間あそこにお店ができたんだよね」など、一緒に行きたいというニュアンスをそれとなく伝えてきますので、その際には「へ〜楽しそう♪いつか連れて行って下さいね」といい、するりと
かわしましょう。

 

ここでのポイントは、いつかという部分を特に強調し、決して今行きたいわけじゃないという気持ちを伝えることが重要です。言われた相手はその態度に、
これは脈なしかもとあきらめてくれる事があります。

 

・「ごめんなさい、今お財布がピンチなの」

この方法は若い年代の方なら、結構効果のある方法です。

 

学生や社会人になりたての場合、あまり自由になるお金もありませんので、お金の話を持ち出されると気持ちがわかるだけに「あ、そ、そうなんだ」と引いて
いきます。

 

ただし、自分より年上や目上の人なら「大丈夫、全部僕が出すから」と言われてしまうので、他の方法で対処しましょう。

 

・「え・・・でも、彼氏に怒られちゃうからいいです」

好意を持って接してくれ、誘ってくれるのはうれしいけれど「彼氏から怒られちゃうから」という理由は最強の断り方です。

 

彼氏がいるからと言われてしまえば、二股をかけられても困りますし、略奪愛になるかもと思うと、そこまでの気持ちがない場合には大抵の男性は引いていき
ます。

 

なかにはドンドン押してくる男性もいますが、あくまでも彼氏に悪いからで突き通しましょう。

 

おわりに

特に仕事関係で誘われた場合には断るのが難しいなと感じますが、ムリをしてしぶしぶ食事やデートに行っても、あまり楽しいことはありません。それどころか
「オレの事好きだから、誘いに乗った」と勘違いされるので、断るときはきっちりと断っておきましょう。